義歯・入れ歯

義歯・入れ歯

入れ歯と聞くと年配の方が使うイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。最近では、審美性が高い入れ歯など種類が豊富にあるということもあり、ケガや虫歯で歯を失った若い方からも選ばれるようになりました。

義歯・入れ歯の種類

素材や形状など入れ歯にはいくつもの種類が存在します。一部の歯がない方が使用する『部分入れ歯』と呼ばれるものとあご一列分の歯がない方が使用する『総入れ歯』の大きくわけて2つの形状に分かれます。

また、噛み心地や審美性、強度、耐久性など優先したい特徴を選択し素材を決めます。当院では、次の3つの入れ歯をご用意しております。

ノンクラスプデンチャー 金属床義歯 保険適用
審美性
美しい
天然の歯のような自然さがある

外側の見える部分は、天然の歯のような美しさがある

使用できる素材が限られているため、見た目に限界がある
装着時の快適性
薄くて、食事や会話が快適にできる

薄くて使用感がいい
食べものの温度がわかるため、楽しんで食事をすることができる

入れ歯がぴたりと合わなずにストレスを感じる場合がある
しっかりとものが噛める
硬いものもしっかりと咀嚼(そしゃく)できる

奥歯で硬いものを噛むことができる

医師や技工士の技術力があった場合でも、装着時に痛みや不安定さを感じる場合がある
保険の適用 × ×
費用
高額

比較的高額

お手頃

保険適用の義歯・入れ歯

保険適用の義歯・入れ歯

保険を使って入れ歯をつくる場合、費用的なメリットは感じることができるでしょう。ただし、保険で認められている製作方法や限られた素材で入れ歯をつくる必要があります。

金属床義歯(きんぞくしょうぎし)

金属床義歯(きんぞくしょうぎし)

入れ歯の土台部分を金属にすることで、薄くてつけ心地の良い入れ歯ができます。しっかりと物を噛めたり、外れにくいという特徴もあります。さらには、金属製の素材を使用することで食べ物の温度を感じながら食事ができるため、楽しみながら食事をすることができるのです。また、金属素材を使っているため、強度も高いことはメリットと言えるでしょう。

厚みがない分、発音がしやすいことも特徴です。定期的にメンテナンスを行うことで何年も同じ入れ歯を使えることもメリットと言えるでしょう。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属製のバネを使用せず材質がプラスチックでできているノンクラスプデンチャーは、噛み心地や装着時の快適性、見た目の美しさなどさまざまな部分で優れています。保険適用外の治療となるため、高い治療費がネックとしてあげられることもありますが、食事や会話で毎日頻繁に使うことを考えると、ほぼ体の一部といってもいい入れ歯は費用だけで決めていいものなのでしょうか。

義歯・入れ歯の費用

義歯

※保険の適用がされないため、自費診療となります

ノンクラスプデンチャー(パーシャル) ¥165,000(税込)
ノンクラスプデンチャー(フル) ¥286,000(税込)
シリコン義歯(パーシャル) ¥231,000(税込)
シリコン義歯(フル) ¥396,000(税込)

金属床(総義歯片顎)

保険の適用がされないため、自費診療となります

コバルトクロム合金 ¥495,000(税込)
チタン ¥550,000(税込)
金合金 ¥880,000(税込)

金属床(局部床義歯片顎)

保険の適用がされないため、自費診療となります

コバルトクロム合金 ¥385,000(税込)
チタン ¥517,000(税込)
金合金 ¥715,000(税込)

自費診療の場合はクレジットカードが使用できます。

IMG_7788

ご予約・お問合せはお気軽に

CONTACT

草加地域にお住いの方でお口のことでお困りでしたらご相談ください。
22時まで診療しております。

身近でやさしい医療メディア MedicalDOC