歯周病治療

歯周病治療

  • 歯ブラシをすると歯肉から出血する
  • 口臭が気になる
  • 口の中に粘つきがある
  • 歯肉が腫れている
  • 歯肉が痛い など
このような症状がある場合、歯周病の可能性が考えられるため、早めに医師に相談をして、診断をしてもらいましょう。

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌の感染により引き起こされる炎症性の疾患です。ブラッシングが十分に出来ないと、歯と歯肉の境目にある溝に多くの歯周病菌が停滞し赤みや腫れなどを引き起こします。症状が進行するとこの溝は深まり歯周ポケットと呼ばれるようになります。そうすることで、歯を支える土台の歯槽骨(しそうこつ)が溶けて歯がグラグラと動くようになり・・・さらに症状が進行すると神経が死んでしまい抜歯をしなければいけない状態になるので、歯周病は早めに治療を受けましょう。

軽度の歯周病

軽度の歯周病

歯肉のみに炎症が出ている症状でこの症状を歯肉炎と言います。この状態では歯周病による痛みがほぼないため、症状に気づかない方も少なくありません。

歯肉炎が進行すると、歯を支えている歯槽骨にまで炎症が広がり軽度歯周炎と呼ばれる状態になります。軽度歯周炎は、骨が少しずつ溶け始める状態で、さらに歯周ポケットが深くなり歯周病が進行します。

症状

  • 歯肉が赤く腫れる
  • 歯ブラシをすると歯肉から出血する

中度の歯周病

中度の歯周病

歯槽骨が半分くらい溶けた状態を中度の歯周病と言います。土台の骨が溶けているため、歯がグラグラとするようになり硬いものを噛むときに不便さを感じることもあるでしょう。歯周ポケットがさらに深くなり歯根にまで歯石がつくようになるのです。歯ブラシの毛先は歯根まで届かず、歯周病は進行する一方です。

症状

  • 硬いものが食べにくく感じる
  • 歯がグラグラする
  • 歯肉から出血がある
  • 歯肉が痛い
  • 歯肉から膿がでる

重度の歯周病

重度の歯周病

歯槽骨が3分の2以上溶けた状態の重度の歯周病は、歯がかなりぐらつくようになります。
歯肉が下がることで歯根がむき出しになりその部分に大量の歯石が付着します。
口の中は常に粘つきがあったり、口臭を強く感じるようになるでしょう。

症状

  • 歯がかなりグラグラする
  • 歯肉からの出血
  • 歯肉から膿がでる
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭が強くなる
  • 口の中が血の味がする

アート歯科の歯周病の治療法

アート歯科の歯周病の治療法

十分に歯を磨けていないと、長期間歯垢(プラーク)が取り除かれない状態が続き、硬く固まることで歯石になります。歯石があるとさらに歯垢が溜まりやすくなり、症状が悪化することで歯周病の原因となるのです。そのため、歯周病の治療としては歯垢や歯石の除去が必要です。当院では、症状にあわせ下記の3つの方法で歯周病治療を行います。

レーザー治療

レーザーを歯周ポケットに照射することでポケット内の殺菌や消毒、膿の排出を促進するなどの効果があり歯肉の血行を改善します。

高周波治療

高周波治療とは、歯周ポケットに高周波を流し、その時に発生する熱を利用して歯周病菌を減少させます。
0.01秒から0.1秒程度お口の中に電気を流しますが短い時間のため、治療中に痛みを感じることはほとんどありません。

また高周波はとても優秀で、歯周病によって溶け始めた歯槽骨の再生を促すことも可能です。

抜歯

当院では、できる限り歯を抜かない治療を心がけておりますが、歯の根元にある神経が死んで歯根治療が難しいと判断した場合は抜歯を行います。また、歯がなくなった部分にはインプラント治療や入れ歯治療を行い歯の補修治療を行います。

当院では、できる限り歯を抜かず・痛みの少ない治療を心がけておりますが、歯周病の症状が進行すると治療の難易度が上がり、治療中に強い痛みを感じる場合もあります。そのため、歯周病治療は早期発見と早期治療が重要と言えるでしょう。また、一度治療を終えても再発のリスクがある歯周病は、日々の丁寧なブラッシングや定期的に歯科検診を行うなどのメンテナンスを行うことがとても重要です。

当院では、正しいブラッシング指導や保険適用の歯科検診など予防治療もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。 

ご予約・お問合せはお気軽に

CONTACT

草加地域にお住いの方でお口のことでお困りでしたらご相談ください。
22時まで診療しております。

身近でやさしい医療メディア MedicalDOC